• 自分でアイフォン修理

アイフォンはいまや多くの人が利用している携帯電話のひとつです。 とても便利なツールで毎日持ち歩く人も多いですが、それだけに故障するリスクも少なくありません。 特に、フロントガラスとバッテリーがよく壊れます。 業者に依頼するのもよいですが、自分でアイフォン修理をするとリーズナブルです。 そこで、セルフアイフォン修理の方法を見てみましょう。 まずはフロントガラスの修理です。 ちょっとしたことで割れてしまうパーツですが、業者に修理を依頼すると10,000円程度かかってしまいます。 そこで、3,000円程度の費用で交換パーツを用意し、自分で修理しましょう。 動作確認の不安はありますが、1時間程度で作業できるのでおすすめな方法です。
バッテリーの減りが早くなったらバッテリー交換をしましょう。 こちらも業者に依頼すると10,000円ほどかかりますが、自分で交換するなら2,000円で作業できます。 道具が必要だったり細かな工程があったりするのですが、慣れてしまえば交換も簡単です。 バッテリーの寿命はアイフォンの寿命とも言えます。 長く使いたい人は定期的にバッテリー交換をしましょう。 当サイトでは、自分でできるアイフォン修理の方法についてまとめました。 アップルの保証対象外になってしまうリスクはありますが、できるだけリーズナブルに修理をしたい人にはぜひセルフ修理をおすすめしたいです。 当サイトでノウハウをご紹介しますので、ぜひアイフォンが故障したときには活用してください。


~アイフォン修理関連サイト~
費用を安く抑えるためには自分で修理する方法のほか、専門店に依頼することもできます。非正規店ですとそれほど高くない料金で修理できるお店もあります。こちらのアイフォン修理会社のサイトでは具体的なメニューや料金が載っているので、参考にしてみてはいかがでしょうか →→ アイフォン修理 費用